婚約指輪はプロポーズする時に渡そう

婚約指輪はいつ渡すのかわからないという人がたまにいますが、プロポーズの時に渡すといいでしょう。結婚指輪は結婚したあとにつけるものなので、結婚式の時にはめるのが普通です。ですので、婚約指輪を結婚式の時に渡すと二つ渡すということになってしまいます。それだとおかしいので、婚約指輪は結婚する前に渡しておきましょう。そもそも婚約指輪は結婚しようという証ですので、結婚する前に渡さないと意味がありません。ですので、婚約指輪はプロポーズの時にあげるのが一番です。

結婚指輪は婚約指輪よりも高くなる

婚約指輪は男性から女性にあげるものですが、結婚指輪は二人ではめるものです。二人ではめるので、もちろん値段も倍増します。婚約指輪の値段よりも少し安い指輪を買うのがいいかもしれません。それだと彼女だけに高い指輪を渡して、自分は彼女よりも安い指輪をはめることにもなりますので、彼女のことを考えられる人だとも思われると思います。彼女にもこんな高い指輪を私に買ってくれたんだとわかると嬉しいと思います。ですので、結婚指輪は婚約指輪よりも安いものにするといいと思います。

婚約指輪はサプライズがいい

婚約指輪は彼女にあげる指輪ですので、自分の気持ちが大事です。なので、自分がいいと思うような指輪をあげると彼女にも喜ばれるでしょう。自分で選んで来れば、自分の好みを彼女に知ってもらうことも出来、自分の好きな指輪をずっとはめてもらえると嬉しいと思います。彼女の好みに合う指輪だったら、自分のことをよく知ってくれているんだとわかり、喜ばれることでしょう。好みが合わなくても、自分のために買ってくれた指輪なら喜んで受け取ってくれると思いますので、やはりサプライズが一番です。

必ず喜んでもらえる婚約指輪を選びたいなら、念入りに情報収集を行いましょう。人気が高いブランドを調べたり、さまざまなショップの値段を見比べたりすることをおすすめします。